沖縄を歩く

金城橋(カナグスクバシ)と識名平(シチナンダ)【動画】

金城橋(カナグスクバシ)は、琉球王国時代、首里~識名台地の間を流れる『 金城川 』に架けられた橋。

橋の創建年は不明であるが、1677年に木橋から石橋に建て替えられた『 金城橋碑文(カナグスクバシひぶん)建立 』。

おきなわまるかじり
1809年の洪水により損壊したが、翌年、橋は元の位置から少し下流で再建され、橋の南側に『 重修金城橋碑文(じゅうしゅうカナグスクバシひぶん)』の碑が建立された。

1945年(昭和20)の沖縄戦により、橋も碑も破壊された。

現在残っている碑の残欠は、1985年(昭和60)、金城橋改修の際に、橋の北側に移設されたものである。

 

首里那覇屏風図(案内板より)
おきなわまるかじり

識名平(シチナンダ)は、金城橋から識名に至る坂のこと。

呼称は方言の『 シチナノヒラ 』が転訛(てんか)して『 シチナンダ 』となり、さらに坂の意味を加えて『 シチナンダビラ 』ともいう。

かつては、松並木の続く石畳の坂道であり、王家の別邸『 識名園(しきなえん)』に通じ、また、首里から島尻(しまじり)方面に至る幹線道路の一部でもあった。

現況図(案内板より)
おきなわまるかじり

この付近では、かつて金城川を遡(さかのぼ)って船の往来があった頃、宮古(みやこ)の人々が、海上安全を祈願して川岸の洞くつに魚の形を刻んだという伝承から『 魚先原(イユサチバル)』という地名や、川に身を投げた夫婦の怨念(おんねん)が人魂となって、坂の上から川岸まで漂うという『 識名平の遺念火(シチナンダヌイネンビー)』の伝承が残っている。

案内板より

 

 

おきなわまるかじり

関連記事

  1. 慶座の滝(八重瀬町、那覇市内から車で1時間)
  2. 日本一早咲き!ひとあしお咲に…桜まつりもいよいよ…
  3. 安波(あは)海岸
  4. ぷうみちゃ拝み
  5. !(^^)!【金剛石林山】!(^^)!
  6. 竜宮 【名護市久志】
  7. 名護市東江の集落内に生育する『 ミフクラギ 』を訪ねて…
  8. 舜天王・舜馬順煕王の霊が祀られている御嶽!【動画】

おすすめ記事

エイコーワールド 赤嶺トンネルで不発弾処理!

那覇市の赤嶺トンネル工事現場内で発見された米国製5インチ艦砲弾1発の不発弾処理作業が、今日(2日)A…

ふんばるガジュマルの木陰で一休み♪

ランチタイム終了後に歩いて事務所へ帰る途中に…対馬丸犠牲者を祀った『 小桜の塔 』の隣に『 ふんばる…

くつろげる隠れ家!洋食屋さんへと…

普段は、良くランチで利用する洋風食堂 【ぬーじボンボンZ …

エイコーワールド 首里城公園 施設・周辺文化財のご紹介【沖縄県那覇市】

守礼門(しゅれいもん)尚清王時代(1527年~1555年)に創建。扁額の『守禮之邦』とは…

豊見城市翁長で、あす不発弾処理!

【豊見城市】 翁長の工事現場で見つかった沖縄戦当時のものとみられる米国…

浦添伊祖 髙江洲そば

本日は、浦添市伊祖にある髙江洲そばさんへ。お昼時10台以上止められる駐車場も満車。沖縄ナ…

今日は何の日?『 さくらの日 』

【さくらの日 】 3月27日 日本さくらの会が1992(平…

田頭のシーサーを訪ねて… 【豊見城市田頭】

このシーサー(石獅子)は字田頭に設置された2体のうちの一つで、集落の西端に位置し西の方からやってくる…

沖縄!食べ歩き ♬【 しむじょう 】

… * * 【しむじょ…

沖縄!食べ歩き♪

<script language=&amp…

おすすめ記事

  1. 本日のランチは…なんでしょうか?
  2. 滝の回りの巨岩は火山活動によってできた火成岩!【動画】
  3. 内嶺城跡を訪ねて…【南風原町兼城】
  4. 安波(あは)海岸
  5. ソーキそば 2食入 【2020大人気沖縄お土産】 おきなわまるかじり
  6. 尚巴志ハーフマラソン
  7. 歴史についての伝承は不明なグスク!【動画】
  8. 南の島に咲く花 in 沖縄市中央 おきなわまるかじり
  9. ウフガー(ウブガー) 【豊見城 根差部】
  10. 今日は何の日? おきなわまるかじり
PAGE TOP