ガー(井戸)を訪ねて

樋川を中心とした崖を掘り込んで築造された民間防空壕を訪ねて…【動画】

前川樋川と前川民間防空壕 南城市玉城

おきなわまるかじり

琉球王府の史書である『 球陽 』(1745年)によると、前川区は 1736年に糸数グスク南側の麓から現在地に移動している。
この前川樋川(マエカワヒージャー)も当時の絵図(琉球国惣絵図・1750年頃)にも記載されていることから、当時から住民の生活用水として利用していたと思われる。

おきなわまるかじり
急勾配の石階段は水運びが不便であったため、1932年に南側へ緩やかな道路を造り、水運びが楽になった。
当初、樋川(ヒージャー)は簡易な水溜め程度の施設だったが、1936年に現在の粟石製貯水タンクと女性用の水浴場を建造して、日本本土復帰前(昭和40年代)まで貴重な水源として使われてきた。

おきなわまるかじり

同樋川を中心とした崖の中腹には、岩盤を掘り込んで築造された民間防空壕が40ヵ所、並んで存在している。
この民間防空壕は1944年10月10日の南西諸島大空襲(那覇市は 9割の家屋が焼失した。)後、米軍の沖縄上陸が濃厚となったため、字民が2・3世帯ずつ一組になり避難壕として建設したものである。

おきなわまるかじり

壕入口の多くはしゃがんで通れるくらいの高さで、広さは約4㎡。
隣り合う壕が内部で連結するという構造になっている。
字前川近くに米軍が進攻してきた際には、多くの住民がこの壕や南部具志頭方面に避難した。

おきなわまるかじり

なお、この壕では4ヵ所で集団死が起こっており、約20人余が死亡している。
旧玉城村内には自然の洞穴を利用した防空壕は多いが、このようにまとまって掘られた民間防空壕はここだけである。

案内板より

 

 

おきなわまるかじり

 

 

 

 

 

関連記事

  1. ひとり言ブログ『酔っ払い編!』
  2. フナクシウッカー(船越大川)【動画】
  3. 琉球八社 『 末吉宮 』
  4. 那覇市 若狭バース (V)o¥o(V)
  5. 越来(ゴエク)グスク跡【沖縄市城前町】
  6. 4月20日(日)☀
  7. 琉球最初の王統である舜天王の孫に当たる人物…【動画】
  8. 伝承では14世紀頃、安慶名大川按司の築城…【動画】

おすすめ記事

覇者の証 !第16回『 尚巴志ハーフマラソン 』

第16回 尚巴志ハーフマラソン 2017 新里坂を制する者は覇者となる。 新里坂を制したものた…

かつては女(イナグ)ガーなどと呼ばれ…【動画】

カマンカジ (別名:女(いなぐ)ガー・お月(うちち)ガー)【南城市】玉城(たまぐすく)糸数(いと…

具志頭城と同時代の十四世紀の初期頃と推定される…【動画】

新城城(新城神社) 八重瀬町新城14世紀初期頃に『 新城城(アラグスクグスク) 』が築城されたと…

琉球人の先祖神アマミキヨがニライカナイから降り立った聖地

【 ヤハラヅカサ 】 南城市指定有形民俗文化財海の彼方にある神々の住む理想郷『 ニライカナイ 』か…

首里城公園付近の古民家食堂でランチタイム♪

りゅうそう茶屋(那覇市首里当蔵町) 突然!お客様が首里城にいるから来て~ってことで…守礼の門で待…

本部の石獅子探し… 【南風原町本部】

南風原町字本部にあるこの石獅子は、火山(ヒーザン)と恐れられていた東風平(八重瀬町)に向けて邪気返し…

今日は何の日♪『 寿司の日 』

1961(昭和36)年、全国すし商生活衛生同業組合連合会が制定。新米の季節であり、ネタになる海の幸…

夏の甲子園 沖縄 興南VS智弁和歌山

沖縄のみなさん、はじまりましたよーみんなで応援しましょう★…

4月21日 Monday

皆様、おはようございます。 今日も一日ヨロシクお願いします。 ◇◆◇…

今日は何の日♪『 沖縄そばの日 』

沖縄を代表する料理の一つに『 沖縄そば 』があります。 日本復帰後の1976年(昭和51)、公…

おすすめ記事

  1. 商品紹介♪カタログ番号125番『美ら豆』❤
  2. 金城橋(カナグスクバシ)と識名平(シチナンダ)【動画】
  3. 南風原町を散策♪『 南風原町立南風原文化センター』
  4. かつて南山の繁栄を支えた湧水!『 嘉手志川(カデシガー) 』
  5. シムクガマを訪ねて…【動画】
  6. 【第44回那覇大綱挽まつり】
  7. 沖縄地方梅雨入り!
  8. 今日は何の日?『 虫の日 』 おきなわまるかじり
  9. 八重瀬町東風平で不発弾処理!
  10. 9月18日は『しまくとぅばの日』❤
PAGE TOP