沖縄を歩く

第六代琉球国王『尚泰久之墓』を訪ねて…【動画】

1453年に【 第一尚氏王統 】第五代琉球国王『 尚金福王 』の死後、王位をめぐって二人の争いが

尚金福王の息子:尚志魯(しょうしろ)VS 尚巴志王の六男:尚布里(しょうふり)の乱

この乱で当時の首里城は焼失し、志魯(しろ)・布里(ふり)の双方が傷付き薨(たお)れた。

城が焼失した痕跡は正殿跡の発掘調査からも確認されている。

そのため王位は『 第三代琉球国王 尚忠王 』・『 第五代琉球国王 尚金福王 』・『尚布里』らの弟にあたる『 尚泰久 』が継ぐこととなった。ラッキーって感じ♪

尚巴志王の七男『 尚泰久王 』で40歳で即位。(在位1454年 ~ 1460年)

おきなわまるかじり

第六代琉球国王『 尚泰久王 』は護佐丸の娘を正妃とし、長男:安次富加那巴志(あしとみかなはし)、次男:美津波多武喜(みつばたぶき)、そして長女が百十踏揚(ももとふみあがり)です。

百十踏揚(ももとふみあがり)は勝連の按司『 阿麻和利 』へ嫁ぎ、その後!阿麻和利を仕留めた『 鬼大城賢雄 』の妻となりますwww!

おきなわまるかじり

阿麻和利と護佐丸の乱(1458年)を鎮圧したことが業績に挙げられる(複雑な関係だな~!?

また、初めて琉球に臨済宗を伝えた京都南禅寺出身の僧・芥隠承琥らに深く帰依して多くの仏寺を建立した。

梵鐘の鋳造にも熱心で、1458年には万国津梁の鐘を造らせて首里城正殿に懸けさせた。

『 尚泰久王 』1460年6月23日 死亡

 

 

おきなわまるかじり

 

 

関連記事

  1. ひとり言ブログ『酔っ払い編!』
  2. 海洋博公園サマーフェスティバル2017
  3. おきなわまるかじり インドカレーレストラン『アグニ』へ…
  4. チラガーとは …❓
  5. 安田(あだ)龍宮神 【動画】
  6. 山田グスク主であった護佐丸父祖一族の墓【動画】
  7. 県内有数のサーフポイント『 米須海岸 』…【動画】
  8. 琉球を統一した英雄 『 尚巴志(しょうはし)の墓 』を訪ねて…【…

おすすめ記事

瀬嵩(せだけ)の浜

この素晴らしい海の向こうでは…辺野古新基地の建設作業が進んでいます。『 瀬嵩の浜 』で3千人規…

14世紀の初期に上原按司によって築城されたグスク…【動画】

上城(うえグスク)規模は1万2300平方メートルで、本丸、二の丸と構えられ、本丸跡の城郭と二の丸跡…

黒糖詰め合わせ さとうきびの風【2020人気沖縄土産】

さとうきびの風 黒糖詰め合わせの紹介です。黒糖はさとうきびから汁を搾り出し、不純物を取り除いた後…

【 喫煙者 】

国内最高峰電子タバコ【JPvapor 公式】 * * 喫煙者は (^…

日本一早咲き!ひとあしお咲に…桜まつりもいよいよ…

沖縄では、1月中旬~2月の上旬に桜のシーズンを迎えます。 日本一早い桜まつりが開催…

【5月17日は「高血圧の日}】

【PR】楽天トラベル * * * 【PR】エイコーワールド公式ページ …

金城川(カナグシクガー)に架けられている橋【動画】

ヒジ川橋(及び取付道路)県指定文化財ヒジ川橋は、首里崎山町にあった『 御茶屋御殿(うちゃやうどぅ…

南の島に咲く花 ♪ 『 コモススベイケリ 』

赤と黄色の色彩が一際目立つとても派手な花!『コモススベイケリ 』 沖縄での開花…

ちんすこうの由来

ちんすこう(金楚糕) ちんすこうが沖縄へ伝わった歴史、由来にはさまざまな説があります。 中国には桃酥…

史跡『 安波茶樋川(あはちゃフィージャー) 』【動画】

浦添市指定文化財史跡 安波茶樋川(あはちゃフィージャー)安波茶樋川(あはちゃ…

おすすめ記事

  1. 糸満の2ヵ所であす不発弾処理!
  2. 本日のランチは温かいんだから~♪
  3. 築120年近くと言われる伝統的な沖縄の民家で…
  4. 与那原町にレトロな博物館がオープン!
  5. 南風原散策
  6. 世界遺産 園比屋武御嶽石門
  7. 今日は何の日? おきなわまるかじり
  8. 沖縄雑学!? 沖縄そばの汁
  9. 舞天 本店【おもろまち】
  10. テミグラの杜『自然生態観察も森ゾーン』を訪ねて…【動画】
PAGE TOP