沖縄の墓めぐり

勝連グスク按司が眠る読谷村へと【動画】

『 阿麻和利之墓 』読谷村楚辺

ここが『 阿麻和利之墓 』で、地元では『 屋良墓 』と呼んでいるらしい。

阿麻和利は、沖縄本島中部の北谷(ちゃたん)間切の屋良村(現:嘉手納町屋良)出身だという。

一説によると『阿麻和利』は、幼名は『加那』と言われ、身体が弱く、山に捨てられてしまい、山で一人で生きていくための、知恵と力を付けていき、勝連に辿り着いた時には、人々に漁網の作り方を教えたり、自ら漁で獲った魚を分け与えたりし、多くの村人から愛されていたと思われる逸話が残っている。

阿麻和利は自分の田畑の耕作はほったらかしにしでも、他人の農耕の手助けには精を出したと云い、蜘蛛の巣から思いついて漁網を考案し、漁民からの人望も得たという。

また大和(日本)や東アジアとの貿易を進めていき、大陸の技術を積極的に取り入れ、勝連に繁栄をもたらしたんだそうです!

『 勝連グスク 』の城主である『 阿麻和利 』のお墓が、なぜ読谷村のこの地にあるのか?…

阿麻和利は首里王府によって勝連城を追われ、生まれ故郷の屋良村に(現:嘉手納町屋良)逃げてきます。

さらに、屋良村からも逃げて、読谷村の楚辺まで逃げてそこで討たれ、亡骸は岩陰に捨てられたという説!?

おきなわまるかじり
勝連グスク内で鬼大城に首を討ち取られたという説があるが、どちらがどうかは定かではない???

おきなわまるかじり読谷村といえば、伊良皆(イラミナ)には、琉球を統一した英雄、尚巴志(ショウハシ)のお墓もある。

阿麻和利も逆臣とされたため、やはりこの読谷村で、ひっそりと葬られたのだろうか?

英雄とされているのだから、それにふさわしい案内板などがあってもいいのでは…?

 

 

 

 

 

おきなわまるかじり

 

 

関連記事

  1. 伝説の石獅子探し!
  2. 普久川(フンガー)の滝を訪ねて…【動画】
  3. 八重瀬町富盛地区の勢理城(ジリグスク)内に鎮座する石獅子【動画】…
  4. 戦時中は村民の防空壕に利用!【動画】
  5. 琉球最初の王統である舜天王の孫に当たる人物…【動画】
  6. おきなわまるかじり 沖縄定番めし『 〇や食堂 』編…
  7. 危険!!ハブ注意を無視して…【動画】
  8. 保栄茂(ほえも)のシーサー 【豊見城市保栄茂】

おすすめ記事

南の島に咲く花♪『 メディニラ・マグニフィカ 』

7月17日の誕生花 『 メディニラ・マグニフィカ 』メディニラはノボタン科の常緑低木樹高1~1.…

商品紹介♪カタログ番号103,104 『 紅チーズ 』❤

商品紹介♪ 『 紅チーズ 』❤クリームチーズをもとに紅いも餡を加え、艶やかな紫色をした『紅チーズ…

イリヌシーサー 【豊見城市真玉橋】

今日は『 イリヌシーサー』の由来を含め紹介させていただきたいと思います。(*^^)v 集落に置か…

与那原大綱曳まつり 2017 【与那原町 】

【 与那原大綱曳とは? 】与那原の綱曳の起源は、尚永王(1573年~1588年)までさかのぼると…

金武町指定文化財『ウッカガー(金武大川)』…【動画】

【説明】ウッカガー(金武大川)は並里区の中央に位置し琉球石灰岩の多孔質を基盤とした地下水の湧き出た…

兼城東の石獅子を訪ねて♪【南風原町兼城】

南風原町字兼城に東の石獅子があります。この石獅子は、東方からの邪気返し(フーチケーシ)として兼城…

今日は何の日?『 バイクの日 』

『 バイクの日 』 8月19日 『 バ(8)イ(1)ク(9)』の語呂合わせ。(笑) 予想通りでし…

商品紹介♪カタログ番号129番      紅芋らんぐ

本日、紹介する商品は『紅芋らんぐ』です。沖縄の紅芋とホワイトチョコレートをブレンドしま…

海鮮丼を食べに『 しのぶ 』へと…

海鮮丼が食べたくなり! 『しのぶ 』 …へと行って来たした…

豊見城市翁長で、あす不発弾処理!

【豊見城市】 翁長の工事現場で見つかった沖縄戦当時のものとみられる米国…

おすすめ記事

  1. 神の島「久高島」へ遊びに行こう(^○^)
  2. 沖縄!食べ歩き♪
  3. 世界遺産『 識名園 』
  4. 仲村渠樋川(なかんだかりひーじゃー)を訪ねて…【動画】
  5. 約280年前の代表的な沖縄の農家へと… おきなわまるかじり
  6. なごアグリパーク
  7. 4月 特典付き 沖縄県産 スナックパイン
  8. エイコーワールド 2月の企画紹介♪
  9. 豊かな水量を誇る井戸!
  10. 今日は何の日♪『 ハロウィーン 』
PAGE TOP