今日は何の日

今日は何の日 ❓…【動画あり】

沖縄の特別の日 6月23日 『 慰霊の日 』

おきなわまるかじり

 

一般住民を巻き込み、20万あまりの尊い命と財産や、沖縄の文化財、自然がことごとく奪われた沖縄戦は、太平洋戦争で、唯一、日本国内の一般住民が地上戦を体験したという、まさに地獄そのもの

沖縄戦における 20万人を越す戦死者のうち、約半数に近い、9万4000人余りの戦死者が、兵隊以外の一般県民や子供です。この沖縄戦で、沖縄防衛第三十二軍司令官牛島満中将と同参謀長の長勇中将が糸満の摩文仁で自決した日が昭和20年6月23日の未明とされているのです。そしてこの日を、日本軍の組織的戦闘が終結した節目としてとらえ、沖縄慰霊の日が制定されました。

6月23日の『 慰霊の日 』、沖縄戦の戦没者の霊を慰めて平和を祈る日として、本土復帰前は休日と定め、各行政機関や学校、企業に定着していましたが、1972年の本土復帰後は当然日本の法律が適用となって『 慰霊の日 』は休日としての法的根拠が無くなってしまったのです

しかし1991年、地方自治法が改正され、『 慰霊の日 』を『 休日 』と定める県条例が公布された事によって正式に『 慰霊の日 』は『 休日 』と定められました。
この間、『 休日 』として法的な根拠の無い時期もありましたが、毎年々々、6月23日は沖縄県の『 公休日 』とされてきたのです!
もちろん今でも、県庁や各市町村役場、公立の小・中学校、高校などは『 公休日 』です。

 

おきなわまるかじり
『 平和の礎 』には、沖縄戦で亡くなったすべての方の名前が刻んである記念碑です。

戦争が終わって60年近く、今でも沖縄県内には大量の不発弾などが残されており、人々の目に触れる場所にあり、日常、身近な危険にさらされ続けています。

戦争を体験した人にとっては戦争はまだ終わっていないのかもしれません。

6月23日 『 慰霊の日 』の持つ意味を、もう一度、考えてみたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

おきなわまるかじり

めんそ~れ沖縄へ💛

 

 

 

 

関連記事

  1. 5月5日 那覇空港 帰省で大混雑 !
  2. おきなわまるかじり 今日は何の日?
  3. 今日は何の日?『 119番の日 』
  4. おきなわまるかじり 今日は何の日?
  5. おきなわまるかじり 今日は何の日?
  6. 9月20日は 「バスの日」 (^o^)丿
  7. おきなわまるかじり 今日は何の日?
  8. 慰霊の日 2016年6月23日木曜日

おすすめ記事

エイコーワールド 古くは神が宿る神木『 ビロウ 』

ビロウ【 科名 】 ヤシ科耐潮(たいしお)、耐潮風(たいしおかぜ)、耐乾性(たいかんせい)が…

エイコーワールド 『 ゆたかやそば 』編🎵 沖縄食べ歩き

*『 ゆたかやそば 』へと! そば食うぞー (^^)/* *丹念に下処理…

おきなわまるかじり 今日は何の日?

那覇の日ラジオ沖縄の番組『那覇が好き』のリスナーグループ『那覇が好き友の会』が制定。『 な(…

エイコーワールド 浦添市屋富祖で偶然みつけた食堂へと…

本日の沖縄食べ歩きは?浦添市のメイクマンへ行く途中に何処かで食べようって事で!浦添市屋富祖を…

『 金剛石林山 』編 🎵 沖縄を歩く

金剛石林山読み方:こんごうせきりんざん沖縄本島最北端にあります。およそ2億年前の石灰岩が…

和と琉球の絶品コラボ ♪

本日のランチは、浦添市港川にある港川ステイツサイドタウン・ストリートで食事場所を探す事にします。♪…

座間味島~那覇港まで風力と人力だけで走るサバニレース!【動画】

平成30年(2018)6月23日(土)、24日(日)第19回サバニ帆漕レース沖縄の伝統的『 サ…

商品紹介カタログ番号116番『石垣の塩自慢』❤

本日の紹介は、新商品『石垣の塩自慢』石垣沖の海水をじっくり煮詰めて作られ…

沖縄雑学!? 「ミームクジュリ」と呼ばれたセックス指南役

大正のころまで、那覇の中流以上の家庭では「弁当開き」と呼ばれる風習が…

『 米須グスク 』を訪ねて…【動画】🎵 沖縄の城跡巡り

米須グスクは、13~15世紀頃のグスク時代に栄えたグスクです。糸満市内にある…

おすすめ記事

  1. 沖縄定番めし♪『 ゆし豆腐そば 』
  2. 辻町 今日はがっつり腹ごしらえ
  3. 今帰仁のキッチン・テラス『 ココニール 』編 🎵 沖縄食べ歩き
  4. 『 しむじょう 』編🎵 沖縄食べ歩き
  5. 南風原町を散策♪『 南風原町立南風原文化センター』
  6. 『 魚まる 』編 🎵 沖縄食べ歩き
  7. ボリューム満点!『 すずらん食堂 』🎵 沖縄食べ歩き
  8. 浦添市大平で不発弾処理!
  9. 【第44回那覇大綱挽まつり】 エイコーワールド
  10. 沖縄本島最南端の岬 エイコーワールド
PAGE TOP