沖縄

神の島『 久高島 』を訪ねて…

エイコーワールド

久高島の歴史と文化

エイコーワールド

 

琉球開闢の祖アマミキヨが天から降りてきた島で、沖縄はこの地から始まったとされている島です。

開闢神話の地にも、五穀発祥の伝説、村落の始祖百名シラタルーの娘が王様の世継ぎを出産したという黄金の瓜子(うりざね)伝説、村落の旧家大里家のクンチャサヌルと尚徳王(第一尚氏最後の王)との悲恋の言い伝えなど、琉球王家と関わる伝説がたくさんのこされています。

12年に一度行われる『イザイホー』は1978年以降行われていませんが、島をあげての旧正月や八月マティー、琉球開闢や五穀発祥にまつわる祭祀など多くの年中行事が今でも行われ、立ち入りが制限されている聖域もあります。

久高島は、琉球の神話の島で、神々と共に生きている人たちの暮らしと、豊かな自然が残る島です💛

案内板より

 

 

久高島のみどころ

エイコーワールド

【 ロマンスロード 】

ウディ浜の海岸沿いには、延長約600mの細く舗装された遊歩道があり、素敵な海の景色や南城市、沖縄本島を一望できます。

梯子がかかっている場所からは砂浜へ降りることができ、細かな白砂やエメラルドブルーの海の色を間近に見ることができる穴場スポットです。

エイコーワールド

ロマンスロード

 

エイコーワールド

ロマンスロード東屋

 

【 地割跡 】

地割とは、琉球王国時代に耕作地を割り当てていた土地制度です。

久高島では地割制をもとに、昭和63年に『土地憲章』を定めました。

現在でも、久高島の土地は個人所有ではなく、島民の総有となっています。

土地の境界を示す石が並んでいる様子を今でも見ることができます。

案内板より

 

 

 

久高島の集落資源

エイコーワールド

 

①『 ハビャーン 』

琉球開闢の祖アマミキヨが降臨、あるいは上陸した聖地とされる。

また、漁労の神役であるソールイガナシの神は、ハビャーンの森にいるタティマンヌワカダラーだといわれ、二頭の白馬として語れることが多い。

大漁祈願がバビャーンで行われるのは、ソールイガナシの神の所在地であることと関係があると思われる。

案内板より

エイコーワールド

植物群は国指定天然記念物💛

 

ハビャーンへ向かう直線ロード💛

エイコーワールド

 

②『 フボー御嶽 』

久高第一の聖地で、現在は男女問わず立入禁止となっている。国指定名勝。

エイコーワールド

国指定名勝

 

③『 ヤグルガー 』

イシキ浜で壺を拾う前に沐浴したろ伝わる井泉。麦と粟の初穂祭で儀礼前に神女たちがここで禊をした。

エイコーワールド

現在は、立ち入り禁止

 

 

 

 

④『 ハタス 』

イシキ浜に漂着した五穀の種子の入った壺の中から、麦の種子を最初に蒔き、壺を埋めた場所とされる。

 

 

 

⑤『 イシキ浜 』

モンバノキ・ミズガンピの群落に覆われ、真白な砂が広がり自然の海浜植生が見られる。

また、五穀発祥伝説の浜である。

『琉球国由来記(1713年)』には、琉球国王が行幸の際、東方に向かって拝礼することが書かれている。

案内板より

エイコーワールド

 

⑥『 ミガー(新川) 』

生活用水として使用されていた。現在では出産後や葬式の時にその人や家を清めるために使われている。

エイコーワールド

 

⑦『 イザイガー 』

イザイホーの際に神女たちが沐浴をする重要な井泉で、それ以外では利用を禁じられ男性禁止である。

 

 

 

⑧『 大里家(うぶらとぅ) 』

久高島の旧家の一つで、母屋の東側に位置する神屋が拝みの対象となっている。

大里屋にまつわる言い伝えが二つある。

1:イシキ浜に流れ着いた五穀の種子の入った壺を拾い上げだ人物については様々な説があるが、その一つに、大里家の始祖であるアカッツミー夫妻がいる。

大里家は『五穀世ウプラトゥ』とも呼ばれ、アカッツミー夫妻は五穀豊穣の神として祀られている。

 

2:大里家の娘であったクンチャサヌルが、第一尚氏最後の王の尚徳王が久高島にやってきた時に恋仲になった、という言い伝えがある。

それによれば、尚徳王が久高島滞在中に首里でクーデターが発生し、急きょ首里に向かったものの、時すでに遅しと悟って途中の海に身を投じた。

大里家には戦前まで『尚徳王の簪』があったと伝えられている。

案内板より

エイコーワールド

 

⑨『 御殿庭(うどぅんみゃー) 』

12年ごとの午年に行われてきたイザイホーや、村落の主要な年中祭祀の祭場。

 

 

 

⑩『 外間・ウプグイ 』

正月をはじめ主要な年中祭祀における祭場である。

エイコーワールド

 

⑪『 イチャリ小 』

村落の始祖家の一つで、アマミキヨのシマグシナ(島建ての棒)を祀っている。

 

 

 

⑫『 ユキミヤー 』

ユクミとは横目の意で、琉球王国時代の役職。監視する役人がいたと言い伝えられている。

 

 

 

⑬『 ハンチャタイ 』

神の畑という意の名である。島の中心とされ、角にある石は天と地をつなぐ場所とされている。

 

 

 

⑭『 大君口・君泊(うぷちんぐち・ちみんとぅまい) 』

琉球王国時代、聞得大君と国王が来島する際に使われた港を『君泊(ちみんとぅまい)』、集落への入口を『大君口(うぷちんぐち)』と呼んでいる。

 

 

案内板より

 

⑮『ウパーマ浜』

エイコーワールド

 

 

⑯『シマーシ浜』

エイコーワールド

 

 

⑰『神秘的なガジュマル』

エイコーワールド

 

 

⑱『久高島案内所』

エイコーワールド

 

 

 

⑲『お食事処 とくじん』久高島御膳

エイコーワルド

 

 

 

⑳『徳仁港』フェリー乗船場

エイコーワールド

 

 

㉑『エラブ岩』

エイコーワールド

 

 

 

㉒『久高島診療所』

エイコーワールド

 

 

 

㉓『 久高海運合名会社券売所 』自転車の貸し出し、トイレあり

エイコーワールド

 

 

 

㉔『 スルバン 』集落のいこいの場 🎵

エイコーワールド

 

 

 

㉕『 うっちぐゎー広場 』

エイコーワールド

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おきなわまるかじり

めんそ~れ沖縄へ💛

 

 

関連記事

  1. 2020年沖縄県産マンゴー発送始まってます★
  2. 国指定史跡 『 ギリムイグスク 』を訪ねて【動画】
  3. おきなわまるかじり 森の中のカフェ『 阿吽 』
  4. 高台から眺める本部の海 ♥
  5. 人々の崇信する祖霊神を祀ったお嶽である【動画】
  6. エイコーワールド 2020年10月2日 万座毛周辺活性化施設オープン
  7. メーガーに伝わる大蛇の伝説!
  8. おきなわまるかじり 今日は何の日?

おすすめ記事

【 ハグ効果! 】

【意外と知らないIT用語】ドメインって何? お名前.com * * *…

鶏そばへ 【那覇市泉崎】

那覇市泉崎にある鶏そばへ行ってきました。那覇市役所の近くにあります。コインパーキングはお店の目の…

藪地洞穴遺跡(ジャネー洞)を訪ねて…【動画】

与勝半島と島を結ぶ、大きな龍の顔が目印の『 藪地大橋 』を渡って…(1985年に開通)『 藪地洞…

ナンマドル(台風3号)

ナンマドル(台風3号)は、東シナ海を北上しています!九州南部の早い所では、4日明け方には風速15…

田頭のシーサーを訪ねて… 【豊見城市田頭】

このシーサー(石獅子)は字田頭に設置された2体のうちの一つで、集落の西端に位置し西の方からやってくる…

クマヤーガマ 【北谷町】

『 クマヤーガマ 』は昔から霊域として崇められ、去る大戦中は砂辺住民が避難し全員無事で助かりました。…

猛烈なマリア(台風8号)接近中の沖縄ですが!

現在(17:00)の『 波の上ビーチ 』みんな楽しそうに満喫していますね~♪しかし!猛烈なマ…

壷屋の荒焼き登り窯附石牆『 南ヌ窯(フェーヌカマ) 』

沖縄県指定有形文化財南ヌ窯(フェーヌカマ)【 那覇市 】壷屋にある、素焼きの陶器(荒…

ミートゥンダシーサー 【那覇市上間】

『 ミートゥンダー 』とは、夫婦の意味で『 雄 』『 雌 』 2体のシーサーです。糸数グスクと玉…

沖縄の美味しいミカンといえば?『 タンカン 』

沖縄県産 『 タンカン 』先行予約販売開始!2018【 タンカンの特徴 】『 タンカン 』は中国…

おすすめ記事

  1. 沖縄県産スナックパイン 商品紹介~☆
  2. 商品紹介♪カタログ番号125番『美ら豆』❤
  3. 日本一早い沖縄の桜まつり特集 2016年度版
  4. 『 瀬高の浜 』からの眺めが変わりゆく…【名護市】 エイコーワールド
  5. 台風7号『ヒーゴス』が発生! エイコーワールド
  6. あす浦添市宮城で不発弾処理作業
  7. 「うちかび」とは・・・? φ(..)メモメモ
  8. 沖縄定番めし♪『 ソーキ汁定食 』
  9. 【 新年の挨拶 】
  10. 内嶺城跡を訪ねて…【南風原町兼城】
PAGE TOP