沖縄お土産紹介

ちんすこうの由来

ちんすこう金楚) ちんすこうが沖縄へ伝わった歴史、由来にはさまざまな説があります。 中国には桃酥という同種の焼菓子が存在し、その昔中国南部で作られていたと言われている小麦粉に砂糖とラードを加えて蒸したカステラのような蒸し菓子が、 沖縄県の気候や原料に合わせて創作されたという説や、 ポルトガルの焼き菓子であるボーロがシルクロードや海路を通じて伝わった説などもある。 また琉球王朝に伝わっていた菓子製造にまつわる本「菓子例帳」(かしだめしちょう。焼失したため現在は口伝の形で残るのみ)には現在と異なり、 ちんすこうは赤、黄、緑の着色がされていたとある。 スペインに古くから伝わる祝い菓子のひとつポルボロンは、材料や食感などにおいてちんすこうとの共通点が多い。 以前は米の粉(みじん粉)を使用していたとされる材料も小麦粉へと変化している。 また漢字表記の金楚は、「黄金色に輝き(金)、ほどけるような口当たりの(楚)焼菓子()」という由来を持つ。 名称のよく似た蒸し菓子のちいるんこうを焼いたものがちんすこうとなったという説もある。 ちんすこう   琉球王朝時代から沖縄県で作られている伝統的な菓子のひとつで、 小麦粉、砂糖、ラードを主原料とした焼き菓子。ビスケットのような食感と、控えめの甘さが特徴。 日本茶やコーヒーのお茶請けに限らず、アイスクリームの口休めやトッピングにも用いられている。 観光をおもな産業としている沖縄県の土産物品として有名であり、箱詰めにされた同商品が土産品店で販売されている。 SONY DSC   琉球王家や貴貴族の間でも祝儀法事といった特別別の日以外にはめったに口にすることのできないほど珍重されていた。 ちなみにお土産品として脚光を浴び、一般の人に広く親しまれるようになったのは、1975年の海洋博からだといわれている。   チョコちんすこう小

関連記事

  1. 商品紹介 「琉球銘菓詰め合わせ」 10/1より販売開始(^o^)…
  2. おきなわまるかじり 商品紹介♪『 焼きショコラ 』
  3. 商品紹介♪カタログ番号100番,101番【紅いもタルト】
  4. 商品紹介♪『沖縄そば 乾めん』
  5. エイコーワールド 2月の企画紹介♪
  6. のまんじゅう
  7. NEW 商品紹介♪『 さとうきびの風 黒糖詰め合わせ 』❤
  8. 商品紹介 ♪ 沖縄県産『 太もずく 』 

おすすめ記事

【島ちゃん食堂】沖縄♡食べ歩き

結婚相談所Bridalチューリップ入会 【PR】おきなわまるかじり…

おきなわまるかじり 南の島に咲く花!『 ブーゲンビリア 』

ブーゲンビリア (ブーゲンビレア) ブーゲンビリアの花言葉は、『 情熱 』『 あなた…

おきなわまるかじり 日本一早咲き!ひとあしお咲に…桜まつりもいよいよ…

沖縄では、1月中旬~2月の上旬に桜のシーズンを迎えます。 日本一早…

南山城跡

南山城は琉球三山分立時代(14世紀頃)に栄えたグスクです。南山は明国と交易を…

おきなわまるかじり 緑豊かな森の中に列車が走るカフェ

雨の中のドライブ ♪ ルンルン ♪ 【本部町 】伊豆味街道の山道を走って…

商品紹介♪『醤油・焼き味噌ら~油セット』❤

商品紹介♪『醤油・焼き味噌ら~油セット』❤料理のアクセントにいかがでしょう。冷ややっこにかけ…

おきなわまるかじり 夏の夜空に咲く花火のような 『 サガリバナ 』

内間御殿(うちまうどぅん)のサガリバナ(サワフジ) このサガリバナ(サワフジ)は、樹齢約40…

西原【ソイラボ】へ行きました。

おはようございます。西原にある大豆・豆腐などを使って体にやさしいカフェ【ソイラボ】へ行ってきま…

おきなわまるかじり 笑顔の日

カワイイ笑顔 男の子の笑顔 ハハハ… …

【福州園】

那覇市の市制70周年および福州市との友好都市締結10周年の記念事業…

おすすめ記事

  1. 世界遺産 『 園比屋武御嶽石門 』 1519年に創建された… おきなわまるかじり
  2. 八重瀬町にまだ残る!村を守る『 石獅子 』【動画】 おきなわまるかじり
  3. 今日は何の日?『 空の日 』 おきなわまるかじり
  4. 今日は何の日♪『 黒糖の日 』
  5. 商品紹介♪カタログ番号105番『のまんじゅう』❤
  6. 奥武山公園内で不発弾処理作業!
  7. 台風情報 19号 20号
  8. 琉球ガラス
  9. 尚巴志ハーフマラソンIN南城2016
  10. 世界遺産 首里城跡 
PAGE TOP